悪徳業者の詐欺手口とは?ショッピング枠現金化で騙されないために

悪徳クレジットカード現金化業者の男

悪徳クレジットカード現金化業者の男

クレジットカード現金化は、現金化業者を利用して行う方法が一般的です。業者を利用すれば、ショッピング枠を現金化したことがカード会社にバレにくいですし、即日でお金が手に入るというメリットもあるからです。

しかし、たまたま悪徳業者と関わったがために、被害に遭う人も後を絶ちません。事前に知ることで防げる被害もありますので、今回は、悪徳業者の詐欺手口を事例形式でお伝えします。

代表的な詐欺手口は?

ケース1  カード決済したのに現金が振り込まれない

Aさんは、とてもお金に困っており、クレジットカード現金化を利用しようとしました。少しでも早く手元に現金が欲しかったので「手続簡単、最短5分で振込可能!」という記載のあった業者に申し込みました。その後、業者スタッフの指示に従って、指定の商品をカード決済で購入しました。

ところが、いつまで経っても現金は振り込まれません。確認のため、業者に電話をかけましたが、既に繋がらなくなっていました。Aさんは、そこで自分が詐欺被害に遭ったことに気がついたのです。

ケース2  カード情報を悪用された

初めてショッピング枠現金化をするBさんは、現金化業者の言われるまま、身分証明書とクレジットカード表裏を写真に撮ってメール送信しました。現金もすぐに振り込まれたので、安心していました。

しかし、後日身に覚えの無い請求が大量に来ました。Bさんは、現金化業者にクレジットカードを不正利用されてしまったのです。

ケース3  勝手にお金を貸し付けられた

Cさんは、クレジットカード現金化でお金を手に入れました。しかし、そのお金とは別に、身に覚えのない5万円が入金されていました。慌てて業者に電話で確認すると「5万円は融資したので、手数料の1万円を上乗せして返済してほしい。」とのことです。

Cさんは、融資を頼んだことなどありません。勝手にお金を貸し付けた現金化業者は、実は悪質な闇金だったのです。

ケース4  高額なキャンセル料を請求された

Dさんは、現金化業者のサイトで「換金率98%」の記載を見て、申し込みしました。しかし、電話で詳しく話を聞いてみると、事務手数料・審査料・消費税などが引かれるため、実際の換金率は70%を下回ってしまうようでした。Dさんは、もっと換金率の良い業者を利用したいと思って断ろうとしました。

ところが、断ろうとした瞬間、これまで優しかったスタッフの態度が急変しました。挙げ句の果てにはキャンセル料の請求までされてしまいました。あまりに怖かったので、Dさんはキャンセル料を支払ってしまいました。

詐欺業者に騙されない方法は?

このように、運悪く悪徳業者の詐欺被害に遭ってしまった人がいます。では、被害に遭わないためにはどうすれば良いでしょうか。主な注意点は以下のとおりです。

  • クレジットカードの写真やパスワードなど、必要以上の個人情報を求めてくる  業者には注意する
  • 高すぎる換金率、早すぎる入金が謳われている現金化業者には注意する
  • 現金化業者のサイトの作りや会社概要がしっかりしている所を選ぶ
  • 取引前であれば、キャンセル料の請求などに応じる必要は無い

少しの注意で防げる被害は多いので、特に初めて利用する方は慎重に考えながら行いましょう。

万一、被害に遭った場合は?

もし万が一、悪徳業者の詐欺被害に遭ってしまった場合は、泣き寝入りしてはいけません。警察、消費者センター、クレジットカード協会などの各機関では、被害者からの相談を受け付けています。

場合によっては、ショッピング枠を現金化したことを知られてしまいますが、ずっと悪質業者に付きまとわれるよりはマシです。

なお、クレジットカード現金化は違法ではないので、知られても逮捕されることはありません。

まとめ

人はお金に余裕が無いときほど、周りが見えにくくなり、騙されやすくなります。とはいえ、世の中には、優良な現金化業者がたくさんあることも事実です。ピンチなときほど冷静になって、良い業者を見つけたいですね。

現金化では悪徳業者に注意!ちょっとの油断が命取り!

悪徳現金化業者の被害は一度で終わらない!?悪夢の連鎖に陥らないために

クレジットカード現金化において、不当な高額請求をしてくる悪徳業者には気をつけて下さい。
クレジットカード現金化はインターネットで気軽に申し込みができるため、悪徳業者からするとWEBサイトさえあれば全国にいる消費者をターゲットに違法は貸付が請求できてしまいます。
特に悪徳業者同士は情報を共有しているため、連鎖式に次々と揺すってくる可能性があります。

事前にしっかり現金化業者をリサーチしよう

一度悪徳業者を利用してしまうと厄介なことが続くので、利用前の綿密なリサーチは欠かせません。
現金化業者の公式サイトや口コミ、比較サイトなどを調べ、もし時間があるのならば、その場では申し込まないと心に決めて相談の電話をしてみることも一つの手段です。
何を言われても、一度電話を切って落ち着いてからまたかけ直しましょう。
もし、今すぐ利用するようにと言われるようならその業者はほぼ間違いなく悪徳業者ですから、迷うことなく電話を切ってください。
クレジットカード現金化は利用者がお金を必要とした時に自発的に申し込むべきもので、業者から脅迫されたり、強制的に利用するようなことは絶対あってはなりません。

現金化業者の口車に乗らない!利用は必要な分だけ!

また悪徳業者に捕まってしまうと、利用者は限界までクレジットカードの枠を利用させられることがります。
そこで利用者が支払い困難な状況が続けば、今度は個人情報をヤミ金融へと流されることになります。
1回の悪徳業者利用で負の連鎖が永遠と続くため、「怪しい」と感じたらすぐに利用は避けるようにしてください。

現金化業者を比較して悪質業者を見分けるなら、こちらのサイトもおすすめです。

店舗型はもう古い?クレジットカード現金化業者の営業形態とは?

どうしても現金が手元に必要な場合ってありますよね。

そんなとき使ってみるとビックリする程簡単な「クレジットカード現金化」。
しかしたくさんの業者があるため、どこの業者を利用していいかわからないですよね。
そこで今回は現金化業者の種類について簡単に説明をさせていただきます。

クレジットカード現金化業者のタイプの違いについて

クレジットカード現金業者はざっくり言うと「店舗型」「ネット完結型」の2つのタイプに分けることができます。
それぞれのタイプについてメリットとデメリットを合わせて紹介いたします。

店舗型の現金化業者

カードで購入した換金率の高い商品を買い取り現金化をしてくれる。
買い取る商品を指定してくる場合が多い。

メリット

  • スタッフの顔を見て取引ができる。
  • ちゃんとした店舗を構えているため、詐欺行為ができにくいことから悪質業者の可能性が低い

デメリット

  • 店舗まで足を運ばなければならないため緊急の場合には向かない
  • 万が一悪徳な業者に当たってしまった場合、契約をするまで帰れない場合やトラブルに巻き込まれる可能性が高い
  • 店舗型の業者の数がネット型に比べて極端に少ない

ネット完結型の現金化業者

業者が販売している商品を購入しキャッシュバックとして受け取ることができる。
購入したら取引が終了するため即日対応のところが多い。

メリット

  • 場所や日時を問わずいつでも利用ができ、対応も早く即日ですぐに現金が振り込まれる
  • たくさんの現金化業者の中から自分にあったところを探すことができる

デメリット

  • 悪質業者の数は店舗型に比べて多い
  • 実際に顔を見ることができず、現金を直接受け取ることができない


どちらのタイプにもメリットとデメリットはありますが、総括するとネット完結型現金化業者の方がオススメです。
もし、条件に合わない場合でもネット完結型なら簡単に断ることができますが、店舗型だと結構勇気がいる行為ですよね。
特に悪質な業者の場合だと裏から怖いお兄さんたちが出て来て…なんてことも。
スタッフの顔を見ることが安心感にも繋がりますが、逆を言えば誰にも会わずに現金化できることも自分の身を守るという点では大きいです。
顔は見えなくても電話応対をしてくれるので話し方や接客態度で判断することもできますし、優良業者であればクレジットカード現金化に関する疑問や不安なことに関しても細かく丁寧に答えてくれます。
ネット完結型の悪質業者の場合、電話対応がないところや話し方が粗雑だったり肝心なところを濁したりと怪しい業者はすぐにわかります。
対応のスピードに関してもネット完結型の業者であれば最短5分で、平均1〜2時間ほどかかる店舗型に比べて圧倒的に早いです。

特にネット完結型の業者の中でも即日対応のスピードが非常に早い和光クレジットは、様々なサイトでも優良であると評判の業者なのでおすすめです!

現金化業者の店舗が職場や家の近くなど、行きやすいところで時間にも余裕があるなら店舗型でもいいかもしれません。
しかし、人が集まるところには知り合いがいる可能性も高いので、店舗に入られるところを見られたくない!というのであれば、無理に店舗型に固執せずインターネットで現金化の方が安全ですね。