信用情報とブラックリストの関係~現金化は信用情報機関と関係あるの?~

ローンを組む際などに見られる情報

個人信用情報とは、ローンを組んだり、クレジットカードを発行したりという支払い能力の審査に欠かせないもので、CIC、JICC((株)日本信用情報機関)、全国銀行個人信用情報センターといった機関で保管されています。
保管されている情報は、個人の名前や住所、電話番号のほか、クレジットやローンの支払い状況などがあります。
自身の保管されている個人情報は、郵送やインターネットで請求すれば確認することも可能です。

CIC

クレジットカード会社や携帯電話会社などから、登録される情報を保管しています。
CICでの情報の保管期間は、延滞や債務整理などの情報は最長5年間です。

JICC

日本信用情報機関とも呼ばれ、主に貸金業や金融機関などが加盟しています。
CICと同じく延滞や債務整理などの情報については5年間保管されます。

全国銀行個人信用情報センター

全国になる銀行をはじめとした金融機関で、主に利用されています。
取引情報については5年、自己破産や民事再生を行った場合は最長で10年となっています。

ブラックリストと信用情報の関係

信用情報関係でよく聞く言葉として「ブラックリスト」というものがあります。
ブラックリストとは信用情報機関に保管された独自のデータという意味でしょうか?

ブラックリストというリストは存在しない

ブラックリストという、危ない人ばかりが掲載されたリストというものは個人信用機関には特にありません。
ではどのようなことを、ブラックリストというのかといえば、人によって信用情報の中には、$やBなど特殊なコードが掲載されていることがあります。
このコードの意味は、ローンのお金を支払えたか、延滞したかなどの意味があります。
その中で通常にお金を支払いした以外のコードがついていれば、ブラックリスト入りをしてしまったという意味になります。

どんな条件でブラックリスト入りとなるの?

特殊なマークがつく時には、クレジットカードやローンの支払いで、3ヵ月以上延滞をした場合や、債務整理をしたことがあります。
また、一般的な住宅ローンやマイカーローンだけではなく、携帯電話やスマートフォンを月賦で代金を支払っている方は、その料金を延滞した時も載ってしまいます。

ブラックリストに掲載されてしまうとどうなる?

ブラックリスト入りしてしまうと5年や10年、信用情報に履歴が残ってしまうことが想定されます。
信用情報に履歴が残ると私生活に影響は出るのでしょうか?

仕事は大丈夫?

ブラックリスト入りをしたからといって、会社にその報告が行くことはありません。
ただし、自己破産や民事再生などの債務整理をすると、官報という国が発行する情報誌に、住所と名前が掲載されます。
しかし、官報に掲載されるとはいっても、一般の職業の人で毎日読むという人は稀なので、バレにくいといえます。

クレジットカードの作成は難しい

クレジットカードはポイントを貯める目的で作っている人も多いので、借金をしている感覚がなくなってしまうこともありますが、代金をクレジットカード会社が一時負担してもらうことで借金をしているのと、変わりません。
そのため、クレジットカードを作成する際には、個人信用情報の審査は絶対ともいえ、ブラックリスト入りしている場合は、コードが消えてからではないと、新たな作成が難しいということになります。

新たなローンを組むことが難しい

住宅や車などの高額な買い物は、一括払いできる人ばかりではありません。
そんなときに役立つ住宅ローンやマイカーローンですが、やはり過去に別の金融機関や車屋さんでローンの延滞などを行っていた場合は、新たなローンを組めないことがあります。また、携帯電話の月賦割でも審査が通らないことがあるので、気をつけましょう。

現金化には関係ない

クレジットカードの現金化においては、消費者金融や金融機関とは異なり、審査が不要なので、ブラックリスト入りしていても、利用はできます。
ただし、肝心のクレジットカード本体が利用ができない状態になっていると使えませんので、重要なのはクレジットカードのショッピング枠が使える状態かどうかということになります。