【現金化の注意点】土日祝日は換金率の低下や振込先銀行口座を確認してから

土日に現金化をしたい女性

会社が休みの土日祝日に現金化の申し込みは可能?

土日祝日は現金化の稼ぎ時!?

平日に休み、土日祝日も仕事という人もいるかもしれませんが、世の中はまだまだ土日祝日が一般的に休みの人が多いです。
平日は仕事で疲れていて、現金化の手続きをなかなか取れないという人にとっては、土日や祝日に現金化を利用する人も結構いますので、土日や祝日に営業している現金化業者は珍しくありません。

営業時間をチェック

とはいってもすべての業者が土日祝日も営業しているとは、限りませんので、ウェブサイトで営業日や営業時間をチェックする必要があります。
そうじゃないと、土日中に現金が必要だったのに、振り込まれないということもあります。その際に気をつけるべきことは、ウェブサイトでは、基本的に申し込みをコンピューターで管理していますので、24時間受付をしていて当たり前ということです。
つまり広告のコピーで365日24時間受付となっていても、土日祝日も営業しているとは限らないということです。
急いでいる方でウェブサイト自体では、営業日の確認が難しい場合は、業者に直接電話をかけてみるとよいでしょう。
電話に出れば営業しているということになりますので、ついでに換金率や振り込み日なども一緒に確認することで、業者選びをスムーズにすることができます。

土日祝日は換金率が下がることもある…

一般的なお店でも、土日や祝日になると、サービス利用料が上がるところがありますよね。現金化業者も同じく土日祝日の方が利用者が多いとなると、換金率を下げるところもあります。
そのため、平日と土日祝日で換金率に変化があるようなところなら、時間を見つけて平日に申し込みした方がいいかもしれません。
たいていの業者は申し込みフォームを送信・受付だけなら24時間受付というところが大半なので、深夜でも利用できるところがあります。

すぐに受け取るには口座が重要!

土日祝日も営業している現金化業者で、無事に手続き完了!
しかし、いつまでたっても、入金が確認されないって一体なにが起こっているの!?

基本的に銀行は土日祝日が休み

一般的に、銀行は土日や祝日が休みなので、振り込みの手続きが終わっていても、現金が振り込みされるのは、翌営業日というところがほとんどです。
もしも、土日祝日で換金率が下がってしまうのを了解した上で、手続きしたとすれば、それこそ損した気分になってしまうかもしれません。
平日も多くの銀行では15時を境に当日振り込み可能か、翌営業日扱いかに変わるので、注意が必要です。

業者と同じネット口座を持てばよし

銀行は深夜や土日祝日ならば、振り込みは基本的に翌営業日にはなるのですが、銀行によっては、時間に関係なく即振り込みが可能なことがあります。
地方銀行などでは難しいですが、ネットバンクならば大抵は可能です。
しかし、それには、自分がネットバンクを持っていればよいというだけでなく、業者の所有する口座と同じ銀行間であることが条件となります。
業者の多くが所有しているのは、ゆうちょ銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行といったところなので(手続き前に確認しましょう)、土日祝日に営業している業者ならば、お金をすぐに受け取れる可能性も高く開設におすすめです。

口座を持っていない場合

土日祝日中に現金化が必要だけど、口座を持っていない、しかし、開設には時間が数日はかかる、そのような方はどうすればよいのでしょうか。

店舗型へGO

ネットで自分のお住まい付近で、店舗型の現金化業者がないかチェックしてみましょう。
店舗型の業者ならば、後日振り込みではなく、その場ですぐに現金をゲットできます。

キャッシングを使う

お手持ちのクレジットカードにキャッシング機能がついているならば、ATMで暗証番号を入力することでカード会社からお金を借りることができます。

日雇いバイトをする

1日限定のバイトも世の中には、たくさんあります。
専用サイトに登録しておけば、いつでも、仕事が見つけやすいです。

友人たちと飲み会、食事会を開催する

チェーン店の居酒屋やファミレスならば、ほとんどクレジットカードで決済可能です。
友人たちを誘い、自分が一括で支払うかわりに友人たちから割り勘分の現金を回収することで、友人たちから借金をせずに現金を得ることができます。
ただし、友人たちの中でも、自分が支払うという人がいるかもしれないので、必ずうまくいくとは限りません。