店舗型はもう古い?クレジットカード現金化業者の営業形態とは?

どうしても現金が手元に必要な場合ってありますよね。

そんなとき使ってみるとビックリする程簡単な「クレジットカード現金化」。
しかしたくさんの業者があるため、どこの業者を利用していいかわからないですよね。
そこで今回は現金化業者の種類について簡単に説明をさせていただきます。

クレジットカード現金化業者のタイプの違いについて

クレジットカード現金業者はざっくり言うと「店舗型」「ネット完結型」の2つのタイプに分けることができます。
それぞれのタイプについてメリットとデメリットを合わせて紹介いたします。

店舗型の現金化業者

カードで購入した換金率の高い商品を買い取り現金化をしてくれる。
買い取る商品を指定してくる場合が多い。

メリット

  • スタッフの顔を見て取引ができる。
  • ちゃんとした店舗を構えているため、詐欺行為ができにくいことから悪質業者の可能性が低い

デメリット

  • 店舗まで足を運ばなければならないため緊急の場合には向かない
  • 万が一悪徳な業者に当たってしまった場合、契約をするまで帰れない場合やトラブルに巻き込まれる可能性が高い
  • 店舗型の業者の数がネット型に比べて極端に少ない

ネット完結型の現金化業者

業者が販売している商品を購入しキャッシュバックとして受け取ることができる。
購入したら取引が終了するため即日対応のところが多い。

メリット

  • 場所や日時を問わずいつでも利用ができ、対応も早く即日ですぐに現金が振り込まれる
  • たくさんの現金化業者の中から自分にあったところを探すことができる

デメリット

  • 悪質業者の数は店舗型に比べて多い
  • 実際に顔を見ることができず、現金を直接受け取ることができない


どちらのタイプにもメリットとデメリットはありますが、総括するとネット完結型現金化業者の方がオススメです。
もし、条件に合わない場合でもネット完結型なら簡単に断ることができますが、店舗型だと結構勇気がいる行為ですよね。
特に悪質な業者の場合だと裏から怖いお兄さんたちが出て来て…なんてことも。
スタッフの顔を見ることが安心感にも繋がりますが、逆を言えば誰にも会わずに現金化できることも自分の身を守るという点では大きいです。
顔は見えなくても電話応対をしてくれるので話し方や接客態度で判断することもできますし、優良業者であればクレジットカード現金化に関する疑問や不安なことに関しても細かく丁寧に答えてくれます。
ネット完結型の悪質業者の場合、電話対応がないところや話し方が粗雑だったり肝心なところを濁したりと怪しい業者はすぐにわかります。
対応のスピードに関してもネット完結型の業者であれば最短5分で、平均1〜2時間ほどかかる店舗型に比べて圧倒的に早いです。

特にネット完結型の業者の中でも即日対応のスピードが非常に早い和光クレジットは、様々なサイトでも優良であると評判の業者なのでおすすめです!

現金化業者の店舗が職場や家の近くなど、行きやすいところで時間にも余裕があるなら店舗型でもいいかもしれません。
しかし、人が集まるところには知り合いがいる可能性も高いので、店舗に入られるところを見られたくない!というのであれば、無理に店舗型に固執せずインターネットで現金化の方が安全ですね。